百合の自家受粉

植物の受粉は出来るだけ他の同属の花の雄しべの花粉を貰った方が良いと思っていましたが・・・
実は写真を撮っていた時に気が付いたのですが雌しべが雄しべに擦寄るように近ずいて受粉していたのです。

画像


撮影後、家に帰って”検索”して見ると「ヤッ!ヤッ・ヤー?」本当なのです!

自家受粉する植物は種々(イネ・ムギ・トマト・・・そして百合?)あります。
受粉機構がより具体的なのがこの百合の花なのでしょうね?
ただ、仲介屋(虫さん)が他の花粉を付けてくれることが普通ですよね?

雌雄同体の動物の話はよくあります。
例えば「ホヤ貝」ですが、ホヤが精子と卵子を海水中に同時に放出するにも関わらず自家受精しないと云う。
自然界での生殖による子孫繁栄は他家受精・受粉がより遺伝的に有利とされている。
他家と会う機会がないと結果的に防衛本能から自家受精・受粉するようだと云う。

「ヤーッ!面白いですね・・・」

ここで一句(川柳)

     美しく この世に憂う 百合の花


     自然界 何も問われぬ 不分別


                                  
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック